第四の大周期(紀元前8239年 - 3114年)

■紀元前8239年頃

第四の大周期(紀元前8239年 - 3114年)---------------------------------------------------------------

 この頃、太陽系がフォトン・ベルトの外に出て獅子座の時代の終わった。また同時に洪水はやっと引きはじめた時期でもあった。ここから蟹座の時代がスタートし、地球は第四の周期に入った。
 洪水が引いていった後、世界はまったく違う場所になっていた。地軸の逆転によって大型動物の多くは絶滅し、それまでかなり北方に住んでいた亜熱帯の動物たちも、死に絶えるか、南に移動していた。地球上の人間と生物種はすべて陣痛ともいえる大きな苦しみを味わい、フォトン・ベルトから出たときには、人間の潜在意識には深いコードが刻みつけられていた。
 また地球は、すべてが荘厳な魔法のように出現した新しい世界となり、まさしくエデンの園が広がっていた。人間は自己の意識とともにあたりを眺め、世界の美しさに驚嘆した。どこもかしこも生命を豊かにはらみ、新しい形態を産み落とそうとしていたのである。