バミューダ・トライアングル

バミューダ・トライアングル-----------------------------------------------------------------------------

 また、バーミューダ諸島、フロリダ、プエルトリコを結ぶ三角形の海域で、海難、航空事故の多発地帯として有名なバーミューダ・トライアングル(三角海域)は、アトランティス文明の巨大クリスタルが海底に沈んでいる場所である。その巨大クリスタルは、太陽光線が月との関連で生じる特定の角度で海底を照らしたときに活性化される。その時そこで生じるエネルギーの渦を横切るものは何であれ反物質化され、分解されてしまうのである。バーミューダ・トライアングルの影響が常時一定でなく、特定の場合に限られるのは、そうした理由からなのである。