アヌンナキとシャーマン

アヌンナキとシャーマン-----------------------------------------------------------------------------------

 ニビル人アヌンナキは地球を去る前に、湿地や沼で両生類、昆虫、爬虫類、鳥たちとともに太鼓を叩いたり、ガラガラ音をたてて、銀河の音を聴く方法を教えていった。この新しい教えは、シャーマンにとって非常に難題であった。なぜならこれは、さまざまな星とつながる作業であり、人間はみな、プレアデス以外にも地球に影響を及ぼしている恒星があることを認識させられたからである。