ブッダ、ダレイオス1世、カンブジヤはアヌンナキかその半神半人

ブッダ、ダレイオス1世、カンブジヤはアヌンナキかその半神半人-------------------------------

 また結論から言えば、シッダルタ・ゴータマ(=ブッダ)、ダレイオス1世、カンブジヤはアヌンナキか、アヌンナキと人間との半神半人である。その理由に、スリランカのポロンナルワの遺跡に見られる巨大なブッダの像は、アヌンナキの多角形の石積みが作られた遺跡にあることから、このブッダ像もアヌンナキのテクノロジーによって作られた。また様々な仏画のブッダは周囲の人々よりも常に大きく描かれている。これはダレイオス1世も同じである。つまり、彼らは巨人だったのである。カンブジヤが向かった東南アジアにも、巨人伝説が数多く残っている。つまり、彼らはアヌンナキの血を濃く受け継ぐ巨人であり、人間にとっては神であった。