9年サイクルのリズム

9年サイクルのリズム---------------------------------------------------------------------------------------

 9年サイクルのリズムは、地球に生きるすべての生命が持つ主要なリズムの一つである。これは聖なる中心力の周期であり、太陽系の内惑星が一列に並ぶリズムによって生じている。たとえば心身の疲労回復度は、睡眠をとる時間帯によって異なる。このもっとも効果的な疲労回復をもたらす時間帯が、夜の10時から2時の間であるということは、科学的実験によっても認められている。
 この生命力を回復させる時間帯は、地球と人間との位置関係に原因がある。深夜の12時前後ということになるから、これは人間を中心に見ると、太陽との一直線上に地球の中心が来た位置ということになるが、それが睡眠と関係する。

 一つの存在に対して(この場合は人間)、恒星の中心軸と惑星の中心軸とが一直線上に並ぶ時、一つのリズムを形成し、このリズムが生命を蘇生(そせい)させる作用を持っている。シュメール人は、それを星々からの愛に包まれる期間として理解していた。
 日本の大脳生理学の権威である有名な博士の研究に、新月と満月の日には、人間の左右の脳に特殊な変化が起こるらしいという研究結果があった。そうすると新月や満月というのは、太陽と月と地球が一直線に並ぶことであり、それが人間の脳に神経系の変化(つまり生命の蘇生)を引き起こすということになる。これは脳だけではなく、人体のあらゆる器官に微妙な変化を引き起こすもので、いわば「体をリセット」させてくれるものである。