エジプトで発見された異星人のミイラ

■紀元前1897年頃

エジプトで発見された異星人のミイラ------------------------------------------------------------------

 完璧に保存され、丁寧にミイラ化された一体のエイリアンの身体が、古代ピラミッドに埋葬されていた。この生物は150センチから160センチほどの背丈で、ラフンという土地でセヌスレト二世のドセアナ王朝の小さなピラミッドを発掘していた考古学者によって発見された。
 ミイラの墓の刻印では、王様はOsirunet:オシルネットという名前のカウンセラーで、「星または天国から使わされた」という意味である。ミイラ化された身体は、考古学博物館のマネージャーも判定できない数多くの奇怪なオブジェの付き添いと共に、大きな尊敬と丁寧さによって埋葬されていた。
 ミイラはチェコスロバキア市民でペンシルヴァニア大学を引退した教授であるDr. ヴィクター・ルベック:Dr. Viktor Lubek氏によって発見された。考古学者はメインのセヌスレット二世(紀元前1897年–前1878年)のピラミッドの南にある、ファラオの妃を納めていた小さなピラミッドを調査している時に、隠れた部屋があることを見つけた。