沖ノ島の巨石

沖ノ島の巨石-------------------------------------------------------------------------------------------------

 九州本土から約60キロ離れた玄界灘の真っ只中に浮かぶ周囲4キロの沖ノ島の沖ノ島神社の背後には、高さ20mを超える巨石がある。これは絶妙のバランスをとっているが、イギリスのストーンヘンジのような石の積み方である。
 この島には掟があり、立入、口外、持出、女人、肉食、漁獲、暴言、焚火となっている。