マヤ地域のエル・ミラドール、ナクベ、カラクム

■紀元前400年頃

 この頃、メキシコ南東部、マヤ地域のエル・ミラドール、ナクベ、カラクムなどの大都市では大建造物が建てられ、のちにマヤ文明として栄えていく。極めて正確な暦を持っていたのも特徴の一つ。