鍵---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 鍵を持つ行為も、元々異教のものであった。光を開き、闇の世界を閉じることを表わしていた。今日法王は自らその力を持っていると主張している。4世紀に異教の神である、ヤヌスとシビルが夢で法王に現れ、その鍵を渡したと言われている。法王が自ら持っていると主張するこの無限の力は、地獄の権威をも彼に与えてしまう。これは人々を恐怖と不安に縛り付ける為に、取り入れられた教えである。元々キリスト教にはない教えである。