荒吐族(あらばきぞく)と熊襲一族

■206年 

 時が経ち、荒吐族(あらばきぞく)に救われた熊襲一族だったが、奥州において恩を仇で返すような所業(しょぎょう)を働いたので、荒吐族(あらばきぞく)がこれに怒り、遂に戦いとなったが、この戦いは長引いた。
 しかし、荒吐族(あらばきぞく)五王が一致団結してこれにあたると、熊襲一族は206年に門津というところまで追い払われて降伏した。