バグダッド電池

■紀元前200年頃

バグダッド電池----------------------------------------------------------------------------------------------

 この頃、現在のイラクの首都バグダッドにあったパルティア遺跡では、バグダッド電池が使用されていた。高さ約10cm、直径約3cm程度で、粘土を焼いて作った素焼きの土器の中にアスファルトで固定された銅の筒が入っており、その中のアスファルトで塞がれたシリンダーの中に鉄製の棒が差し込まれている。また底に何らかの液体が入っていた痕跡が残っていた。