プレアデス人と日本

プレアデス人と日本-----------------------------------------------------------------------------------------

 広島県の呉の地は、日本人の遠い祖先がシリウスやプレアデスからやってきたときに、最初に着陸した神聖な場所の一つであり、彼ら龍蛇族の拠点の一つであった。その中のプレアデス星人は、地球の大半の古代文明と関わりを持っていたが、中でも日本とは非常に深い繋がりがあった。
 古代のプレアデス星人にとって、特に縁が深い場所の一つが広島県の宮島である。日本三景の一つで、厳島神社がある安芸の宮島の周辺には、環太平洋レムリア文明の縄文文明圏の大規模な宇宙人の複合都市があった。ある地域は通信基地として、またある地域は人間の原型の遺伝子実験や教育の場として使われていた。宇宙人の移住地域として使われた所もある。宮島は一大文化交流センターでもあった。
 宇宙人との交流が盛んだった日本は、当時、アヌンナキのニヌルタが指導した南米の文明とも交流があった。この他、日本には、奈良県の天川、丹後半島の天橋立、宮城県の松島をはじめとする東北地方など、アヌンナキによる人間の創造・教育計画が行われた場所が数多くある。その中でも宮島周辺は、プレアデスと地球を繋ぐ世界有数の入口(ゲート)の一つだと言える。
 プレアデス星人の種族の外観は、地球の東洋人と白人の混血によく似ている。彼らの目は、東洋人特有のアーモンド形をしている。プレアデス星人の場合、白人系の種族であっても、やはり目の形はアーモンド形である。しかし地球人と違う点は、プレアデス星人の方が目が大きいということである。