ローマのフリーメイソン

■紀元前700年頃

ローマのフリーメイソン-----------------------------------------------------------------------------------

 イルミナティの王政ローマにおける第2代の王ヌマ・ポンピリウスが、ローマ人の職人たちをコレギウムと呼ばれる集団にわけ、軍隊の組織に編入させたが、その代表的なものが石工職人である。構成員が最低三人であること、指導者がマギステル(親方)と呼ばれ、相互扶助の精神を持っていたこと、秘密の集会が持たれていたことなど、フリーメーソンのルーツの一つとなっている。