スリランカのポロンナルワの遺跡群

スリランカのポロンナルワの遺跡群---------------------------------------------------------------------

 ポロンナルワはスリランカ北中部州にある中世の古都で、1017年から1255年までスリランカの首都であった。ここにもアヌンナキの多角形の石積みの遺跡が数多くある。ここに彫られている巨大な仏陀の石像も、アヌンナキのテクノロジーによって彫られたのである。

 僧の坊主頭は、半神半人のアダパが、身分が上のニビル王アヌに会うために剃ったことに由来する。このブッダの像もアヌンナキのテクノロジーによるものなので、彼らはキリスト教だけでなく、仏教も作り出したのである。