ウル第三王朝最後の王イッビ・シンが即位

■紀元前2029年

 シュウ・シン王が退位し、ウル第三王朝最後の王イッビ・シンが即位した。彼の統治時代に、マルドゥクを信仰する西の地の民がシュメール王国に侵入し、そのまま全メソポタミアを席巻した。この結果、首都ウルのみが、イッビ・シン王の支配領域となった。