卑弥呼亡き後

卑弥呼亡き後-------------------------------------------------------------------------------------------------

 卑弥呼の死後、男の王が立ったが、皆が服せず、国内は大混乱になり、この混乱に乗じ、日向族は勢力を広げ、奴国(なこく)を併合し、さらに遠賀川(おんががわ)流域から現在の北九州にかけての領域も勢力下に置くようになる。

 さらに、その中の一派は河内(かわち:大阪府東部)へ進出する。それはニギハヤヒに率いられたグループである。彼らは河内の国に入植する。ニギハヤヒは『先代旧事本紀』に書かれているような大軍団を率いていたわけではない。