イルミナティのグランドマスターであったヒュパティア

■415年

 この時代のイルミナティのグランドマスターであったヒュパティアが、415年にキリスト教徒により異教徒として惨殺された。ローマ帝国アエギュプトゥスの著名な女性の数学者・天文学者・新プラトン主義哲学者であるヒュパティアは、370年頃に生まれた。ヒュパティアは400年頃、アレクサンドリアの新プラトン主義哲学校の校長になった。彼女はプラトンやアリストテレスらについて講義を行った。そして、彼女の希に見る知的な才能と雄弁さや謙虚さと美しさは、多数の生徒を魅了した。