荒吐族の馬具(ばぐ)

■紀元前511年  

 湯彦が崩じ、荒吐族(あらばきぞく)は東国(とうごく:関東地方)に居を移した。

荒吐族の馬具(ばぐ)-----------------------------------------------------------------------------------------

 現代の古墳からは、関東地方の荒吐族(あらばきぞく)のほうが近畿の大和の日向族よりも、王の馬具の出土数は圧倒的に多い。荒吐族(あらばきぞく)にとって軍馬は権力の象徴であり、軍力を示すものだった。また馬具出土古墳数や馬牧場数も、大和の日向族より関東の荒吐族(あらばきぞく)のほうが多かった。