聖方位の前方後円墳の誕生

聖方位の前方後円墳の誕生--------------------------------------------------------------------------------

 250年から600年頃の古墳時代、倭朝の全く太陽を意識しない特別の方位を持つ前方後円墳が現れ始めた。前方部の真北から20度西に傾けた前方後円墳である。聖なる方位という意味でそれを聖方位(せいほうい)と呼ぶことにする。その聖方位は、邪馬台国の冬至線、夏至線のネットワークに侵入し、自分達の新たな価値観の存在を主張した。