狭穂彦(さほひこ)が奥州二王と謀る


■紀元前24年  

 狭穂彦(さほひこ)が奥州二王と謀り、大和を掌握しようとしたが敗れ、31年、再挙して大和へ侵領、それによって天皇空位が39年間に及んだ。