ナスカ文化

ナスカ文化----------------------------------------------------------------------------------------------------

 ペルー共和国の海岸地帯のナスカ市周辺にナスカ文化が興り、紀元後800年まで続く。狩猟や農業を主な生業とし、わずかに漁業も行う。はじめは宗教的性格が強く、のちに軍事的性格が強まる。奴隷制はみられないが社会階層は厳格であった。庶民はヤシ科の藤(フジ)の骨組みに泥を塗ったキチャと呼ばれる住居に住み、灌漑用水路を整備した。