米女優ロザンヌ・バーによる著名人達に対する洗脳の暴露

米女優ロザンヌ・バーによる著名人達に対する洗脳の暴露-----------------------------------------

 1993年にゴールデングローブ賞やエミー賞を受賞したアメリカの女優・コメディアンであるロザンヌ・バー(Roseanne Barr)は、ハリウッドはMKウルトラという洗脳が支配していることを、ロシア・モスクワのニュース専門番組RTで暴露した。MKウルトラ計画とは、アメリカ中央情報局(CIA)科学技­術本部が極秘裏に実施していた洗脳実験のコードネーム。MKウルトラの前身は、統合諜報対象局(1945年設立)によるペーパークリップ作戦で、1950年代初頭から始まっていた。
 1973年に時のCIA長官リチャード・ヘルムズがMKウルトラの関連文書の破棄を命じたものの、辛うじて残されていた数枚の文書が1975年、アメリカ連邦議会において初公開された。

(以下、会話の内容)

ロザンヌ・バー : MKウルトラがハリウッドを支配している

キャスター
「あなたはかなり昔からハリウッドの世界の内部をご存知ですが、またかなり以前より、遠慮なく意見を述べてきました。つまり、あなたのハリウッドの仲間達は、大変な権力や影響力をもっており、多くの人々に見られているため単独で意見の形成が可能であるのに、その彼らがオバマ政権の召使いと化しているのを見るのは、どれほどつらいことでしょうか?」

ロザンヌ・バー
「これは恐れの文化だと思います。そしてハリウッドの人々ほどに恐れている人はいません。彼らは頂点から転げ落ちる事を恐れています。ピラミッドから落ちることを恐れているのです。おそらくは、ピラミッドの半ばまででもです。ハリウッドこそが、この権力構造や人種差別、性差別、階級主義、差別の文化を維持しているものなのです。たえずこれらを煽(あお)っており、そうして多くのお金を稼いでいます。そして、全てを操っている主人達(イルミナティ関係者)の要請に従って、これを行っているのです。
 従って、彼らはこれ(暴露)を行えるだけの勇気を持たないでしょう、つまり、これ(暴露)を行うだけの勇気を持つ者は多くないと思います。ですから私がこれ(暴露)を行えることは、大変好運なのです。私は、多くの人々を代弁して、またハリウッド自体の代弁者としてもこれ(暴露)を行っていると感じています。
 私はハリウッドのパーティーに参加しており、時にはアカデミー賞授賞式などにも出席します。すると人々(大スター達)は、私の腕を取り、隅の方に私を連れていって、こう言うのです。”(小声で…)ただ、あなたが口にしてくれていることに感謝したくて。”
 このことは、私を当惑させます。ですがそれが文化なのです。確かに、恐れの文化です。また、ひどいマインドコントロール文化でもあります。MKウルトラのマインドコントロールがハリウッドを支配しているのです。それが何かご存知なければ、グーグルで検索して調べてください。」

キャスター
「何十年も前にさかのぼる「モッキンバード作戦」、MKウルトラの話ですね。ですがロザンヌ、あなたはブラックリストに載った人達をご存知ですか?つまり、それがハリウッドの一種の自己検閲(周囲の反応により自分の意見の表明を控える事)にすぎないのか、それとも本当に、もし過度にその体質に逆らうなら、その人達に圧力をかけるのでしょうか?」

ロザンヌ・バー
「はい、しばらくの間は自己検閲ですが、単に常軌を逸した自己検閲というのではありません。二度と働けなくなる危険が実際に存在するがゆえの自己検閲なのです。おそらくは話しすぎたため、あるいは人気のないテーマに関し、過度に異なる意見を持っていたために、そのようなことになった友人を、誰もが持っています。」