錬金術と諸元素

錬金術と諸元素----------------------------------------------------------------------------------------------

 錬金術のコードは諸元素の変換方法を教えてくれるものである。錬金術の文献において、金は常に大変突出した扱いを受けてきた。金とは、ニビルのアヌンナキが3次元に入るときに通過するポータルを開く金属なのである。プレアデス人はスギライトやサファイアを経由して人間世界に入り、シリウス人はダイアモンドを経由する。人間の3次元領域に入るには、地球外生命体も3次元にならなければいけないので、金はアヌンナキが3次元の世界に具現化するための道具になる。またアヌンナキは、太陽系内にいないときも地球上の通信装置として金を使う。
 放射性物質は金よりさらに高次元の星の周波数にアクセスするので、アヌンナキは人間をそそのかして不安定元素の実験をさせた。仕組みを理解したかったのである。しかし、人間が現代において自爆寸前になっているわけで、それは過ちだったとアヌンナキは気づいている。制御できない状態の放射能使用は宇宙の銀河系全体を脅かすため、ニビル王アヌは銀河連盟の会議で非常にまずい立場にある。どう援助すれば人間が自分自身にストップをかける決心をするか、誰にもわからない。