三方楽人

三方楽人------------------------------------------------------------------------------------------------------

 平安の中頃から、雅楽寮(うたりょう)の機能は「楽所(がくそ)」に受け継がれ、京都御所の「京都楽所」、奈良興福寺・春日大社・東大寺などの「南都楽所」、大阪の「四天王寺楽所」を「三方楽所」といい、その楽人(がくにん)は「三方楽人」と称された。1467年の応仁の乱の勃発により、京都楽所の楽家(がくけ)は解散させられるが、戦国期の正親町天皇(おおぎまちてんのう)の時代に秦氏のもとで四天王寺に属していた楽家が、かつての京都楽所にかわって京都御所に招かれた。秦氏は林氏・小野氏・岡氏・東儀氏にわかれて宮廷に仕えた。東儀氏は、安部氏の姓を与えられて宮廷の御神楽(みかぐら)の式典では篳篥(ひちりき)を演奏した。1868年の明治維新の東京遷都とともに「三方楽所」の楽人は東京に移り、合体して今日の宮内庁式部職楽部となった。