ストーンヘンジの建設

ストーンヘンジの建設--------------------------------------------------------------------------------------

 世界各地に存在するストーンヘンジはニンギシュジッダが考案し、ニヌルタ(アラム・ムル)とイシュクルが建造を手伝ったのである。それはマルドゥクに対抗するためであった。

 そしてイギリスのエイヴベリー、ソールズベリー、アヴァロンにストーンヘンジが建設される。ストーンヘンジは太陽崇拝、暦の移り変わりや変革のパワーにおける強力なエネルギーセンターである。ストーンは夏至点の最初の光線を受け取れるように位置が決められていた。これらは癒しの場所であり、儀式を行う場所であった。それぞれのストーンには歌または波動により歴史が記録されている。ストーンヘンジ、ニューグランジェ、エイヴベリー、自然に存在するグラストンベリーのトールの丘やエイヴベリーの裏にあるシルベリーの丘はどれも銀河のエネルギーを大地に固定(アンカリング)するために創造されたものであり、これらはすべて、レイライン上に位置している。
 イギリスのセント・マイケル・レイラインには、多くの教会や遺跡が一直線上に並んでいる。