エドモンド・ジェームズ・ド・ロスチャイルドがパレスチナを訪問


■1895年

 五男ジャコブ・マイエール・ロスチャイルドの最も若い息子エドモンド・ジェームズ・ド・ロスチャイルドがパレスチナを訪問。その後、最初のユダヤ人の植民地を設立するために資金を供給する。さらにロスチャイルド家に形成された国を作る長期目的になった。
 彼はロスチャイルド家のフランス分家の一員であった。シオニズムの強力な支援者であり、彼の惜しみない寄付はイスラエル設立に重要な支援をすることとなる。そして1982年に発行されたイスラエルの旧500シェケル紙幣に肖像が使用される。