イタリアのサルデーニャ島のアヌンナキ

イタリアのサルデーニャ島のアヌンナキ----------------------------------------------------------------

 地中海で2番目に大きいサルデーニャ島(イタリア)では、紀元前1,000年代にヌラーゲ文明が栄えた。そこではここまででてきたアヌンナキの文化が多く見られる。イナンナを表す胸の出た土偶、ニンギシュジッダが持つ巨石を精巧にカットする技術が使われたサンタ・クリスティーナの神聖なる井戸と、Fonte Sacra Su Tempiesu(日本語名不明)の多角形の石積みの井戸、そしてピラミッドやメソポタミアのアヌンナキのジッグラトに似たモンテ・ダッコッディの聖塔「ジッグラト」、そしてサルデーニャ島の先住民だったという巨人伝説とカブラスより出土した石像巨人である。ヌラーゲ文明が生まれる前に、アヌンナキはサルデーニャ島で巨石文化を作り出していた。