高砂族が日向族(ひゅうがぞく)と名乗ると宣言

■紀元前672年

 高砂族の長・豊玉彦(とよたまひこ)は征服した国の一つ日向を都とし、一族を日向族(ひゅうがぞく)と名乗ると宣言した。豊玉彦(とよたまひこ)には娘があり、名は玉依姫(タマヨリヒメ)といい、夫のウガヤフキアエズとの間に男子4人があった。
 四人は成長して長男が日子五瀬(ひこいつせ)、二男が日子稲飯(ひこいなひ)、三男が三毛渟麻、四男が稚(わか)三毛渟麻と言った。

 その頃の支那は釐王(りおう)の世(紀元前681〜前677)となり、日本では倭の国・邪馬台国には五畿七道(ごきしちどう)の王、安日彦命(あびひこ)と長髄彦(ながすねひこ)の両王が君臨していた。
 大和と婚姻関係を結んだ日向族だったが、徐々に不穏な気配を感じさせるようになった。そこで大和のタカグラは、日向族の挙動に備え、諸国に兵の配備を命じた。
 勢力を増大した日向族は、筑紫9ヵ国の支配に満足せず、日向吾田村の高千穂(たかちほ)麓に集まり、どこを都とすれば天下統一ができるかと、日向族の王、葺合不王(ふきあえずおう)と子息4人の兄弟が老臣(ろうしん)にはかった。
 その時、「東方には美しい邪馬台国がある。邪馬台国は日本の中央に位置しており、あの国を征伐してわれらの王国に定めたらと思うがいかに!」と老臣(ろうしん)の塩土翁(シオツチノオジ)が提言した。「それは理にかなったことでわれらが常に思っていることである。今はわれらが勢力もそれが出来る域に達している」と一つにまとまった。邪馬台国と結んだ和睦(わぼく)の条件など意に介されなかった。
 日向族は、邪馬台軍によって征服され不満を持っている諸国の残党、または安日彦命(あびひこ)と長髄彦(ながすねひこ)によって追われた者たちを味方につけ、邪馬台国征服の軍に加えた。この連合軍を率いたのは豊玉姫(とよたまひめ)の末子、佐奴(さぬ:日本史書では神武天皇を称す)といい、この時の年齢は45歳であった。