イルミナティのフリーメイソンの息のかかった薩長同盟

■1868年頃

 イルミナティのフリーメイソンの息のかかった薩長同盟による明治維新によって、日本は近代国家への道を歩み始める。江戸幕府による大政奉還を受け、王政復古によって発足した明治新政府の方針は、天皇親政(旧来の幕府・摂関などの廃止)を基本とし、欧米列強国に追いつくための改革を模索することであった。倒幕を目論んだ薩摩藩の島津氏と長州藩の毛利氏は共に古代イスラエルの子孫であり、鎌倉幕府時代の守護・地頭という立場でもあった。