中国古代の殷(いん)王朝の開祖である湯王は、飛行機製造を命じた

■紀元前1808年頃

 中国古代の殷(いん)王朝の開祖である湯王(別名は天乙:てんいつ)は、飛行機製造を命じた。そして河南のテスト飛行で成功するが、悪用を恐れ処分した。つまり彼はアヌンナキの子孫、もしくは他の異星人の可能性がある。

 中国の遼寧省(りょうねいしょう)の春秋末期(紀元前400年頃)の遺跡から、飛行機の形の青銅細が見つかっている。