共産主義、社会主義、全体主義体制、世界統一政府運動とアヌンナキ

■1883年頃

共産主義、社会主義、全体主義体制、世界統一政府運動とアヌンナキ---------------------------

 19世紀後半にカール・マルクスとフリードリヒ・エンゲルスが共産主義思想を体系化し、市民革命で確立した私有財産制を制限し、共有化する財産の種類を資本に限定した、資本家による搾取のない平等な社会をめざす「マルクス主義(科学的社会主義)」が共産主義思想の有力な潮流となった。
 1883年に出版された『空想から科学への社会主義の発展』など、マルクス主義のような社会主義思想にも、ニビルのアヌンナキのイルミナティが関与している。ニビルのアヌンナキは、常に人間の肉体を得て、共産主義や後の全体主義体制、世界統一政府運動を推進している。彼らは地球上の数々の王座についているが、それは継承されてきた王位だけでなく、実質的には地球のすべての王座についていると言ってもよい。