イルミナティ→アメリカ政府→CSIS→安倍政権→安保法制

■2015年

イルミナティ→アメリカ政府→CSIS→安倍政権→安保法制----------------------------------------

 安倍政権はアメリカのシンクタンクのCSISの「第3次アーミテージ・ナイレポート」通りに動いている。「生活の党と山本太郎となかまたち」の山本太郎参議院議員は、国会質問でそのことについて質問したが、このことから見えてくることは、日本政府、つまり自民党はアメリカの要望によって政策を進めているということであり、それはイルミナティに支配されたアメリカ政府の要望通り動いていることを指している。

 第3次アーミテージ・ナイレポートとは、米国の諜報機関CSISのリチャード・アーミテージ元国務副長官とジョセフ・ナイ元国務次官補(ハーバード大学特別功労教授)を中心とした超党派の外交・安全保障研究グループが2012年8月15日に公表した報告書である。

 その第3次アーミテージ・ナイ・レポートの中の日本への提言9項目を見ると、2015年の安保法制まで、ほとんど全てアメリカ側のリクエストによるものだということがよく分かると主張した。今回の安保法制、戦争法制を図で見てみると、次のようになる。