天地創造とリラ星

 「存在のすべて」は大地を作り、海を作り、地に植物を生えさせ、太陽と月を作り、魚と鳥を作り、獣と家畜を作り、神に似せた人を作っていく。
 こうして一番最初に肉体を持った転生が起こった場所が、環状星雲M57の琴座のリラ星である。遺伝子は光子が物質化した物であり、すべての宇宙の種族は あらゆる意味で繋がっている。ヤハウェは、肉体を持ったリラ人の神官として転生し、リラ人類の親として、リラ文明を代々導いた。
 当時、リラ星は宇宙空間に存在する唯一の巨大惑星だった。その直径を地球の単位で表すと、2×(10の50乗)光年であり、その大きさは地球の何億倍以 上もの大きさだった。リラ星は唯一の銀河に属しており、そこにはリラ星のほかに、弱々しく光る白熱状態の星が無数にあった。そして延々と昼だけが続いてい た。それは惑星も、その衛星もまったく動いていなかったからである。そして地表での生活が可能だったのは、惑星の核から発せられる強力な引力があるためで あった。
 リラ星は、宇宙で初めて生命を生み出した惑星の一つである。文明は非常に進んでおり、リラ星の年数で10の18乗年もの時間を費やして訓練と学習を行な い、最大の力を発見することに成功した。リラ星人は最も陽性な生活を送れる社会を築くことに成功し、生命にダメージを与える陰性のものをすべて排除するこ とも成し遂げた。
  リラ星にはピラミッド、石造建築、鉱物であるクリスタルによるエネルギー装置が存在した。後の地球上に築かれたピラミッドや各地の石像遺跡、そして古 代の海底遺跡はすべて、リラ星の技術が受け継がれて作られたものである。また地球上に存在する伝統芸能や民族文化のほとんどは、リラ星の文化が時とともに 変化していったものである。


 またリラ星には一なる法則が存在した。一なる法則とは、すべてのものが一つであり、良いと考えるものも悪いと考えるものも、すべては表裏一体の関係であ るという考えである。現代人の思考パターンは、「正しい」か「誤り」、「良い」か「悪い」、「綺麗」か「汚い」という両極端でモノを考えることに慣れ、こ れは陰陽の二極、二元的な思考である。人間は創造神と人間とを分離させて考える。自分が創造神との一体性の中にいるという事を知らない状態にいる。しかし 実際は、知らない状態は知ってる状態の中にあり、つまり常に一体性の中にいる。こういったことは人間が瞑想したり自然の中にいることで、やがて分離の境界 線が消え始め、再びワンネスを体験し始めて理解する。この一なる法則が、後の地球で様々な宗教へと変化し、一神教や多神教、偶像崇拝など、本来の純粋な心 理とは遠ざかることとなる。



Hiloyuki Kubota/久保田 啓敬