後悔の念について

 この世から次の世界に「後悔の念」を持ち越すと、どのような悪影響があるかを知っておくことは誰にとっても非常に大切なことである。霊の世界はこの現世 よりも精神性の高い世界なので、すべての想念や感情は増幅され、次の世界に持ち込まれた感情的堆積物(たいせきぶつ)はすべて肥大化してしまう。現世で選 択した自分の内面は、霊界では誇張され、ありのままがさらけ出されることになる。つまり霊的世界では自分の想念や感情など何も隠すことができない。自分の 性格や人格的特質はすべてが顕わになり、誰の目にも明らかに見えるものとなる。それは精神的、感情的にまる裸になるのと同じである。この事実からわかるこ とは、次の世界に行っても、現世で自分が向き合うことを避けたり、逃げてきた問題はそのまま持ち越されることになり、解決されることはない。よって最善の アドバイスは、今すぐにでも、自分が逃げている、背を向けている問題に対処し解決することである。
「生きている間にこうなると知っていれば、もっと違った行動をとっていただろう」というのが霊たちの声であり、現世で抱えた後悔の念が次の世界ではより増幅され、それが苦しみをより大きくするのである。